移住や定住をお考えの方

移住希望の方へのメッセージ

神石高原町長 入江 嘉則

ようこそ!挑戦のまち 神石(じんせき)高原町(こうげんちょう)

神石高原町(じんせきこうげんちょう)は,広島県の東部に位置し北は庄原市,南は福山市,東は岡山県,西は府中市に接しています。

広島県東部の中山間地に位置し,面積は,381.98k㎡,標高は400~700mの自然豊かな高原の町です。のどかな里山や湖など豊かな自然が広がり,「人」こそ町おこしのカギと信じ,住まい・就農・子育てなど手厚い支援で移住希望者のニーズにこたえる「移住者大歓迎」のまちです。

中核市である人口約47万人の福山市中心部までは自動車で50分,距離は約30km,最寄りの大型ショッピングセンターまでは車で約30分です。

福山市から岡山県新見市へと国道182号が南北に縦断しており,中国自動車道東城IC,山陽自動車道福山東ICへアクセスしています。

私は平成28(2016)年12月5日に神石高原町長に就任しました。「だれもが挑戦できるまち神石高原町」の創造を目指し,町民の誰もが自分の目標や夢の実現に向け勇気を奮って一歩踏み出すことができる,また,その挑戦を支援できる仕組みを作ることが私の仕事だと考えています。

少子高齢社会,農林業の衰退等,住民を取り巻く生活環境は依然厳しい状況の中で,もちろん移住者の方にも「楽園」のような生活を補償はできません。

しかし,今,神石高原町には「やってみよう。」「よし,やるぞ!」という気概をもつ方がどんどん増えています。「何も無いから何でもできる!」と言って移住され,起業される方もおられます。

移住を考えられている皆さま,私と一緒にあなたの夢をこの「神石高原町」で実現してみませんか。

             神石高原町長 入江 嘉則

町野球大会の始球式を行いました!

一円玉募金の会のサンタクロースと一緒に油木小学校を訪問しました!

神石高原町の移住状況

神石高原町でも空き家バンクという制度があります!そこから見えてくる移住者の主なデータを紹介します!

■年齢層

60代:2割 30代:2割 40代:2割

■世帯の職業

会社員:3割 自営業:2割

■家族構成

夫婦 子ども:3割 夫婦のみ:3割

■移住前の居住地

広島県内 6割 続いて首都圏が1割

■利用方法

定住が8割 2割が定期的利用(週末のみなど)

■農業経営の意向

自給農業:6割 自分で食べるものは作りたい!
農業はしない:2割 道の駅でおいしくて安い地元産買って食べます!
本格的農業:2割 出荷も目指します!

■売買賃貸の別

子育て世代に特に手厚い主な定住支援

子育て世代に手厚いお祝い金制度!

・お子さんが1歳になると町からお祝い金が20万円!
・小学校入学時に10万円
・中学校入学時も10万円
(いずれも,10万円分は町内で使える商品券相当額)

安心できる子ども医療!

・満18歳の年度末まで1つの医療機関ごとに通院は月に4日,入院は14日まで医療費が1日500円。更にそれ以降の利用は無料!

保育料が実質無料!(第2子から)

・保育料国基準の50%以下
・幼稚園,保育所の保育料が第2子から実質無料となります!

給食費も実質無料!

・小中学校は給食費が実質無料です!

通園通学が遠くても安全に通えるスクールバス

・場所によってはスクールーバスで保育所小学校中学校に通えます!(距離制限あり)

などなど 子育て世代にはうれしいサポートがいっぱい!
しかしなによりいいのは、自然の豊かさと地域の人のあたたかさです。